<< 放鳥トキが「擬交尾」=初確認、繁殖に期待−環境省(時事通信) | main | 外国人の子、国内居住要件に=子ども手当で検討−長妻厚労相(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


9自治体で不適切な結核検査−厚労省調査(医療介護CBニュース)

 結核感染の有無を調べる「QFT検査」を適正に実施していなかった自治体が9つあることが、3月12日までの厚生労働省の調査で明らかになった。検査方法を誤ると、結核の感染者が陰性と判定されてしまうこともあるという。

 QFT検査は、採血で結核感染の有無を確認できる検査法。ツベルクリン反応検査のようにBCG接種の影響を受けないことから近年、全国各地の保健所などで本格導入された。

 ところが今年1月、大阪府の保健所が本来使用すべきプレート(組織培養プレート)ではなく、別のプレート(微生物培養プレート)で検査していたことが判明。大阪府からの報告を受け、厚労省が全国の都道府県や政令市、特別区を対象にQFT検査の実施状況について調査したところ、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、広島市、倉敷市(岡山県)、福山市(広島県)、江東区(東京都)でも同様の事例が確認された。

 今後、同省では9つの自治体に対し、検査結果への影響やその後の対応について確認する方針だ。


【関連記事】
「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ
中高一貫校で35人が結核に集団感染―東京都
結核医療は「曲がり角」
「ユニット化病床」などで議論−厚労省・結核部会
新たな結核患者、9年連続で減少

自分の寺に放火の元住職、短気で檀家も近寄らず(読売新聞)
スギ花粉症の舌下減感作治療薬の開発準備を開始へ―鳥居薬品(医療介護CBニュース)
参院福島に新人擁立=みんなの党(時事通信)
【大阪特派員】小林毅 浪速の本屋はしぶとくて(産経新聞)
<強盗>シティホテルから16万円奪う 愛知・一宮(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 04:16
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
携帯ホームページ
出会いランキング
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 還元率
ショッピング枠現金化
モバイル ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    にゃん子 (06/03)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    志波康之 (01/17)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    桃医 (01/11)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    道隆 (01/03)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/29)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    こういち (12/25)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • 中田宏氏「危機管理は過剰でもOK」口蹄疫対応を批判(産経新聞)
    機関棒 (11/27)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM